PROFILE

木川保奈美
Honami Kikawa
パーカッショニスト、作曲家。
千葉県東金市出身。
武蔵野音楽大学打楽器専攻卒業。

大学在学中よりプロミュージシャンとしての活動を開始。
ブラジル音楽を中心に、ジャズなど幅広いジャンルにて演奏、作曲を行う。
またラテンパーカッションや、学生ブラスバンドの打楽器指導も行う。
インストゥルメンタルバンド “Poison Box” のリーダー。パーカッションと作曲担当。

2015年、木川保奈美個人名義での全曲オリジナル楽曲の1st mini album "Switch!" をリリース。(Poison Box ライブ会場のみ販売)
2016年、オリジナルのインストゥルメンタル楽曲を中心に演奏するグループ"Poison Box”を結成。
2017年、ブラジルに短期滞在。
ボサノヴァ発祥の地、リオデジャネイロのBeco das Garrafasにある、Elis Regina等のブラジル音楽界数々の著名人が出演した老舗クラブLittle Clubに出演。
また、サンパウロにてFiló Machadoと共演する。
2018年、Paquito D' RiveraのBlue Note Tokyo公演に2曲シットインで参加し共演する。
2019年、柴咲コウ/ Ko Shibasaki『Maps』レコーディングに参加。
好きな音楽
Dani and Debora Gurgel Quarteto

趣味
料理、ポルトガル語の勉強